トレーラーハウスの事務所は初期費用が安い

トレーラーハウスにかかる税金を知ろう

トレーラーハウスは、エンジンが搭載していない車両扱いの建築物です。
トレーラーハウスの用途には、宿泊所や別荘、店舗や事務所など色々なものがあるのですが、別荘で利用する人などの場合は土地を購入してトレーラーハウスを設置するだけで利用することができるので、初期費用を大幅に削減できる効果を期待できます。
事務所の場合も設置場所となる土地を確保しておけばその場所で営業を始めることができますし、事務所の建物を作る費用が要りませんので初期費用を抑えて開業することも可能です。

車両扱いではあるけれども建築物といった部分で、不動産取得税や固定資産税などの税金が必要になるのではないだろうか、このような疑問を抱く人は多いのではないでしょうか。
建築物である前にトレーラーハウスは車両扱いになりますので、住宅などのような不動産ではなく動産になります。
さらに、車両ではあるけれどもエンジンを搭載していませんので重量税もかからない、このようなメリットもあります。

減価償却期間は最短4年

減価償却期間は法人経営をされる人なら覚えておかなければならない専門用語ですが、使用開始日から効用喪失日までの期間を耐用年数として、毎年少しずつ経費として処理することを減価償却になります。
耐用年数が5年の減価償却資産では、5年間かけて減価償却費を計上する形になり金額が同一の資産の場合でも耐用年数が短いと毎年の減価償却費はその分多くなりますので、耐用年数が長ければ少なくなるメリットがあるわけです。

トレーラーハウスの場合、法人が購入する際の減価償却期間は最短4年になるのでイニシャルコストでもある初期費用やランニングコストを抑えることも可能になって来ます。
ライフラインについても、一般的な住宅などと同じく電気やガス、水道などを活用することができるので事務所でトレーラーハウスを利用する会社も少なくありません。
なお、事務所で活用するときには設置場所となる土地の購入なども必要になって来ますが、建築現場などにトレーラーハウスを設置して事務所で活用するときには購入費用も要りません。

まとめ

トレーラーハウスは、車両扱いになるので不動産とは異なり不動産取得税や固定資産税などが掛かりませんし、エンジンを搭載していないので重量税も納める必要がない、さらに法人で購入して事務所などで活用するときの減価償却期間が最短で4年になるので、初期費用やランニングコストを抑える効果を期待できます。
建築現場などでトレーラーハウスを活用すれば、事務所の建築費も抑えられるなど全体的なコスト削減に効果的ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。